永上裕之のネタ帳

「メンズファッションプラス」、「非モテ+」と言うサイトを運営しています。日々、奮闘して頑張っております!

「滅茶苦茶なベンチャー社長」になってしまう3つの理由

f:id:hiroyukiegami:20170406212535j:plain

2016年の12月に30歳になり、「人に任せる」ということについて色々と悩んでいたときに、

ベンチャー社長を「滅茶苦茶」にしている真犯人 | エグゼクティブキャリア総研

というタイムリーな記事に出会いました。

記事の結論については賛否両論あるようですが、「滅茶苦茶な社長」というフレームが共感しました。記事の中で「滅茶苦茶な社長」とは、

突然、新サービスを始めると言い出す。
突然、身の丈に合わない大きなビジョンを語りだす。
突然、これまで積み上げてきたプロジェクトをひっくり返す。

 勝手に大きな出資を決めてきたリ、シリコンバレーに出張に行って意味不明な提携をしたり、事業シナジーがあるとは思えない新分野への進出を決めたり。

そして、業務に関しては任せつつも、様々な分野でトップダウンの指示を出していきました。
2週間かかることを1週間でしろと無理を言ったり、サービス品質に厳しい要求をしたり、広報の内容にNGを出して急きょストップしたり。
更には、社員には理解しがたい提携話を持ってきたリ、事業シナジーがあるとは思えない新分野への進出を検討したり(これはまだ検討レベルですが)、気が付けば前職の社長と同じような滅茶苦茶をしていました。

と書かれています。

何人かに聞いてみたのですが、これは結構あるあるのようです。そして、たぶん自分も過去にそのような行動をしてしまっていたのではないかと思っています。

今回は、そもそも「滅茶苦茶な社長」の是非と、なぜそのような行動を起こしてしまった原因を自分なりに分析してみたいと思います。

「滅茶苦茶な社長」になる理由その1: 「圧倒的なリーダーシップを持った社長」の存在が必須という思い込み

個人的な感想ですが、滅茶苦茶な社長というか「社長色の強い会社」と言うと、「スティーブ・ジョブズ」をイメージします。

「スティーブ・ジョブズがいなければ、iphoneは生まれなかった」

というのは何度か聞いたことがあるのですが、まさに「圧倒的なリーダーシップ」を持った人に言われる賞賛なのかなと思います。

ただ一方で、「圧倒的なリーダーシップを持った社長がいないと、会社がうまくいかないか?」と言うと、決してそんなことはないと思います。むしろ、そうじゃない会社の方が多いと思います。

ただし、記事にもあるように「スタートアップ」であったり「特定のコミュニティ」などでは、

いまでも僕は滅茶苦茶な社長を続けています。
それは自社を「平凡な中小企業」にしたくないからです。

幹部に負荷がかかることは申し訳ないと思いますが、「平凡な中小企業」に向かうのはもっと申し訳ないので、心を鬼にして厳しい要求をし続けています。
その厳しい要求が、社員や幹部の理解に至らないとき、僕は「滅茶苦茶な社長」として映っていることでしょう。

というような感覚の方が多数派であるということが起こり得ると思います。

私もそのようなコミュニティと、そうでないコミュニティのどちらにも所属していたことがあるのですが、まさに2つは「文化が違う」という印象でした。

ただしそのようなコミュニティに属していると、「滅茶苦茶なベンチャー社長」の存在は必須である。という風に思ってきてしまうのではないかと思います。

その為、

「圧倒的なリーダーシップを持った社長がいないと、会社がうまくいかないわけではない」

という前提が抜けていなければ、後は選択の問題かと思いますが、この前提が抜けている人は多いのではないのかなと思っています。(私も、一時そのように勘違いしていた時期がありました)

※ただし記事の方は、<うまくいくか、否か>ではなく<自社を「平凡な中小企業」にしたくない>とおっしゃっておられているので、これは記事の件とゴール設定は違う話ですが。

「滅茶苦茶な社長」になる理由その2: 「型破り」施策ジャンキーになってしまう

これは私が勝手に定義している言葉なのですが、施策の中でも、

最適化 → 型破り → キテレツ → 変なこだわり

というような階層があるのかなと思っています。

「最適化」というのは、いわゆる合理的な判断の延長線上です。

「型破り」は、記事で言うところの

「ベンチャー企業には、創業者以上の競争力はない」
「創業者は理念と業績の矛盾した両方を追いかけられる」
「幹部は業績を伸ばせるが、創業者以上に矛盾した両方を追うことが出来ない」

ではないですが、いわゆる「常識にとらわれない」施策というのは最適化と別の発想かなと思っています。

逆に、「キテレツ」と「変なこだわり」はどちらも「誰からも理解されない施策」だと思っています。そのうえで、「キテレツ」と「変なこだわり」を分けるのは「結果」だけなのかなと思います。

ここで重要なのが、「型破り」な施策というのはうまくいったときに、結果以上に褒められてしまう。ということかと思っています。コミュニティによっては「チャレンジしたこと」に対して過剰に評価されてしまうこともあると思います。

ここで問題なのは、チャレンジしたことは評価されるべきですが、施策の「結果」よりも「行動」に対して褒められてしまい、褒められることが快楽として刷り込まれてしまう「パブロフの犬状態」になっているのかなと思います。

f:id:hiroyukiegami:20161112154740p:plain

そうすることで、

・「最適化」な施策により改善がされた効果

・「型破り」な施策により改善がされた効果

が「同じ効果」であっても、「型破り」ジャンキーになってしまうと「型破り」な施策を選んでしまうのかなと思っています。いわゆる、目的と手段が逆になってしまう状態です。

このマインドコントロール状態に陥りやすいかは、環境によって変わってくるのかなと思います。

※ちなみに、パブロフの犬状態については、

blog.egachan.net

の記事に詳しく書いていますので興味がありましたら、ご覧ください。

「滅茶苦茶な社長」になる理由その3: 「自分の会社」に非モテコミットしてしまう

非モテコミットというのは、恋愛工学用語なのですが、私なりの定義ですが、

「自分はモテないんだ」(自虐的な非モテ)というマインド状態、または、気付かずにその状態で、さらに「自分には、この人しかいないんだ・・・」と周りが見えない状態で、異性に対して必要以上に一途に恋愛をしている状態(両思い、片思いどちらも含む)。

 という意味です。

スルメで言うと、もう味がなくなっているのに、味があったときの記憶に固執し、スルメを噛み続けている状態です。

バスケットで言うと、普通のシュートも、ダンクも同じ2点なのに、ダンクを決めた時の歓声が快感でダンクにだけ拘っている状態です。

これは恋愛での話ですが、仕事や組織に対して「俺はこれしかないんだ・・・!」というマインドになってしまうと「滅茶苦茶な社長」が発動してしまうのかなと思っています。

非モテコミット状態において起こり得る現象というのは、

・「待てなくなる」

・「周りが見えなくなる」

・「もうこれしかないんだ・・・!」という損切ができないマインドになってしまう

などかなと思っています。記事中に、

2週間かかることを1週間でしろと無理を言ったり、サービス品質に厳しい要求をしたり、広報の内容にNGを出して急きょストップしたり。
更には、社員には理解しがたい提携話を持ってきたリ、事業シナジーがあるとは思えない新分野への進出を検討したり(これはまだ検討レベルですが)、気が付けば前職の社長と同じような滅茶苦茶をしていました。

とありますが、まさに(色々な意味で)「愛情の熱量が大きいから」起こる行動かと思います。

ちなみに、私の立場としては恋愛においても、仕事においても「非モテコミット」な状態が一概に悪いとは思っていません。というよりも、非モテ+というサービスを運営しているぐらいです(笑)

ただ、その熱量が大きくなりすぎて、会社が「自己表現の場」や「自分の唯一の存在意義」にまで昇華してしまうと、明らかに冷静な判断はできないのかなと思います。

まとめ

私もまだまだ試行錯誤の途中ですが、滅茶苦茶なベンチャー社長についてメリット・デメリットがあると思っています。ただし、特定の組織や、事業においては、

時系列と変更可能な領域の相関関係

 

f:id:hiroyukiegami:20170406220121p:plain

という感じで、スタートしてからの経過年数におうじて、ドラスティックな変更や型破りな施策の受け入れら方が違ってくるのかなと思っています。また、もう1つの観点として、

「遊び心」の向き・不向きは、「組織」軸と「事業」軸の2軸ある

 

f:id:hiroyukiegami:20170406220037p:plain

 という感じで、「事業」軸と「組織」軸で属性が一致しないという現実があります。

ただし、どうしても「事業」の属性と「組織」の属性を同一視してしまう傾向にあり(①と④の組織と思い込んでしまう)、結果としてその判断が組織の中でのハレーションの原因になりやすいのかなと分析しています。

と、まだまだ分析途中なので、30代も頑張っていきたいと思います!(; ・`д・´)

30歳になった今の自分を、昔の自分はたぶん嫌いなんだろうな。と思うこと3つ

先週、ついに30歳になりました。

中学生時代からホームページを作り出して、高校生の時にネットラジオのポータルサイトを作ったことがきっかけで、webサービスの道に進み、そこから16年ぐらいwebサービスを運営し続けていてビックリしています(笑)

今回は、そんな30歳になった今の自分が思っていることで、昔の自分が聞いたら、嫌われそうな心境についてまとめてみました。

※また、30年間の人生については、コチラに詳しく書いてありますので、もし興味がありましたら御覧いただければ幸いです。

1:人生のタイムリミットに対する意識が日に日に増している

昔の自分は「死」に対して考えることが怖かったのですが、最近は「そうかぁ・・・。自分はいつか死ぬのかぁ・・・。」というところまでは受け入れることができました。

ただ、これはネガティブな意味でないですし、めっちゃ長生きしたい派です(笑)

なので、今までは死生観みたいなものにも目を背けてきたのですが、むしろ、真正面から受け止めたうえで人生を考えるようになってきました。その為、日々の人生の選択においても「悔いのない選択」というものを意識するようになってきました。

2:目の前の成功よりも、10年後のレバレッジを。という考え方

この考え方の変化は、なかなか周りにも伝わらず、もしかしたら今、1番苦労していることかもしれません。

簡単に言うと、「成功」に対しての定義が自分の中で変化してきたんだと思います。もっと言うと、「ステレオタイプな成功像」というものにも特に興味がなくなってきたんだと思います。ただ、これもネガティブな意味ではなく、もう少し広い視野で行動をできるようになった。という意味だと思います。

私の中で、~世の中から「さみしい」をなくす~構想という生涯を通してやりたいことがあるのですが、その構想を実現するための「ストック型のノウハウ」というものに拘って行動をし続けています。

例えばですが、「フロー型のノウハウで瞬間的に儲ける」というような選択肢があったとしても、<1>の人生の短さの認識も相まって、魅力的にうつらなくなってきたという感じです。そういう意味で目の前の「結果」よりも、人生のゴールに向かって一直線に向かって進む中で「壁にぶつかり、壁を乗り越える」際に得られる「ストック型のノウハウ」を習得する方が将来的なレバレッジに利いてくると信じて行動をしています。

ただ、この選択は昔の自分からしたら、「逃げじゃん!」と思われそうですし、現段階ではそのことを証明することができないため、もどかしいですねぇ。。

3:周りの人の評価に対しての興味が皆無に

最近は、「周りからどう思われているか」ということを本当に気にしない性格になってしまいました。例えば、会社経営という単位で評価を考えた場合、

  • 時価総額が高い会社
  • PERが高い会社
  • 売上が高い会社
  • アプリインストール数が多い会社

等の評価軸が世の中の空気として流布していたとするならば、そのような評価軸から逆算して行動をすることが、優秀な経営者だと思います。

ただ、今の自分としては、そのような世の中からの評価軸を、何も考えずに鵜呑みにして行動することはできなくなりました。

この考え方の根底としてある考えとしては、「1つのノウハウによる成長は、どこかで成長の踊り場が来る」というものです。その為、「ノウハウを実行する能力 + ノウハウを生み出す能力(アルゴリズムの理解)」の2つが長期的な経営には必要だと思っています。

ですので、顕在化しているKPI数値というのは、複数ある中での1つの評価指標ということに加え、「ノウハウを生み出す能力(アルゴリズムの理解)」のようなものは顕在化していないため、周りから評価できないものだと思っています。

だから、当然ではあるのですが、「他人からの評価」というものは「自分の評価」の正確さを超えることができない分野もあると、どこかのタイミングで気づいてからは、どこかで吹っ切れた感があり、それ以降、自分の判断を100%信じて行動ができるようになりました。

 

以上です!

サラリーマン時代に、「30歳を超えたら周りが誰も教えてくれなくなるから、20代に色々なことを吸収した方がいいよ!」と言われたことがあります。ただ、個人的には30歳になっても、まだまだ色々と吸収していきたいと思っています!

ただ、今回書いたような「人生における哲学」のような考え方の背骨が出来てきたことで、「その哲学は違う!」と思う人からすると、考え方のスタートラインが嚙み合っていないので、その他の部分も理解いただけないことも今後の人生では増えそうです。

でも、それは仕方ないことだと理解しており、それは、「昔の自分」だったら、「今の自分」を許容できてないんだろうなぁ。と思えるからです。

ただ、今の自分は昔よりも、自然体に生きれていると思っていますので、少しでも理解いただけるように30代の人生も頑張って生きていきたいと思います!これからも、よろしくお願いします!

【随時更新メモ】個人的に面白いマンガまとめ

いつか、非モテ+の中に、ブクログのような機能を作りたいんですが、それまでの暫定メモとして・・・。

amazonやメモ帳に残しておいても、結構コメント管理がややこしいので、最近ブログに書く方が便利だなと思っています(笑)

サブカル系(?)

ケンガイ(1) (ビッグコミックス)

ケンガイ(1) (ビッグコミックス)

 

サブカル系というか不明ですが、映画好きな人はすごく楽しい気がします!

世の中のルールが変わってしまった系

このカテゴリが結局1番好きな気がしますね(笑)

神アプリ 1 (ヤングチャンピオン・コミックス)

神アプリ 1 (ヤングチャンピオン・コミックス)

 

 

今際の国のアリス(1) (少年サンデーコミックス)

今際の国のアリス(1) (少年サンデーコミックス)

 

 

BABEL(1) (ヒーローズコミックス)

BABEL(1) (ヒーローズコミックス)

 

 

ACMA:GAME(1) (週刊少年マガジンコミックス)

ACMA:GAME(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 

バイオハザード~ヘヴンリーアイランド~ 1 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ)

バイオハザード~ヘヴンリーアイランド~ 1 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ)

 

 

トモダチゲーム(1) (講談社コミックス)

トモダチゲーム(1) (講談社コミックス)

 

 最近見つけました!

亜人(1) (アフタヌーンコミックス)

亜人(1) (アフタヌーンコミックス)

 

 

天空侵犯(1) (KCデラックス 週刊少年マガジン)

天空侵犯(1) (KCデラックス 週刊少年マガジン)

 

 

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)

 

 

格闘系

無頼男―ブレーメン― 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

無頼男―ブレーメン― 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 基本はバンド系です!

ワンパンマン 01 (ジャンプコミックス)

ワンパンマン 01 (ジャンプコミックス)

 

 

ケンガンアシュラ 1 (裏少年サンデーコミックス)

ケンガンアシュラ 1 (裏少年サンデーコミックス)

 

 

サエイズム 1 (チャンピオンREDコミックス)

サエイズム 1 (チャンピオンREDコミックス)

 

 

神様、キサマを殺したい。 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

神様、キサマを殺したい。 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

ノブレス NOBLESSE(1) (アクションコミックス)

ノブレス NOBLESSE(1) (アクションコミックス)

 

 

ブラッククローバー 1 (ジャンプコミックス)

ブラッククローバー 1 (ジャンプコミックス)

 

 これ素晴らしく好きですね。

トリコ 1 (ジャンプコミックス)

トリコ 1 (ジャンプコミックス)

 

 最近めっちゃ好きなんですよねぇ。

刃牙道 1 (少年チャンピオン・コミックス)

刃牙道 1 (少年チャンピオン・コミックス)

 

 

べるぜバブ 1 (ジャンプコミックス)

べるぜバブ 1 (ジャンプコミックス)

 

 

A?BOUT!(1) (週刊少年マガジンコミックス)

A?BOUT!(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 

ねじまきカギュー(1) (ヤングジャンプコミックス)

ねじまきカギュー(1) (ヤングジャンプコミックス)

 

 

脱マインドコントロール(江川達也先生シリース)

江川先生の作品は、シンプルに面白いのですが、それにプラスアルファーして脱マインドコントロールや、人の感情に関してなどハウツー的に勉強になることも多くて2度楽しめます!

東京大学物語(1) (ビッグコミックス)

東京大学物語(1) (ビッグコミックス)

 

 まずはド定番ですが最高です。「人の心の世界が語れる」ようになる。くだりなど、ぜひ皆さんに読んでもらいたいですねー。

 

家庭教師 神宮山美佳(1) (KCデラックス)

家庭教師 神宮山美佳(1) (KCデラックス)

 

 個人的には、これはめちゃくちゃ凄い本だと思います。3巻なのですが、ハウツー詰まりまくりです。東京大学物語は少し、体力を使うので、興味ある方は、まずはこちらから読まれるのもいいのかなと思います!

 押見 修造先生シリーズ

好き嫌い分かれますが、カテゴリでいうと、コンプレックス系(?)なんですかね。

読み終わった後、体力奪われますね。

惡の華(1) (週刊少年マガジンコミックス)

惡の華(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

  

漂流ネットカフェ : 1 (アクションコミックス)

漂流ネットカフェ : 1 (アクションコミックス)

 

LINEマンガでいうエグいけど面白い!(?)

闇金ウシジマくん 1 (ビッグコミックス)

闇金ウシジマくん 1 (ビッグコミックス)

 

 

王様ゲーム : 1 (アクションコミックス)

王様ゲーム : 1 (アクションコミックス)

 

 

ホムンクルス(1) (ビッグコミックス)

ホムンクルス(1) (ビッグコミックス)

 

 

デュラララ!! 1巻 (デジタル版GファンタジーコミックスSUPER)

デュラララ!! 1巻 (デジタル版GファンタジーコミックスSUPER)

  • 作者: 成田良悟(電撃文庫『デュラララ!!』),ヤスダスズヒト,茶鳥木明代
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2012/03/12
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 カテゴリ悩みますが(笑)

人生の深み(?)系

黄昏流星群 (1) (ビッグコミックス)

黄昏流星群 (1) (ビッグコミックス)

 

 

バーテンダー 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

バーテンダー 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

  

ソムリエール 1 (ヤングジャンプコミックス BJ)

ソムリエール 1 (ヤングジャンプコミックス BJ)

 

 

女帝 1

女帝 1

 

  

ボーイズ・オン・ザ・ラン(1) (ビッグコミックス)

ボーイズ・オン・ザ・ラン(1) (ビッグコミックス)

 

 

G戦場ヘヴンズドア(1) (IKKI COMIX)

G戦場ヘヴンズドア(1) (IKKI COMIX)

 

  

少女ファイト(1) (イブニングコミックス)

少女ファイト(1) (イブニングコミックス)

 

 

1日外出録ハンチョウ(1) (ヤングマガジンコミックス)

1日外出録ハンチョウ(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

幸福の期待値コントロールが完璧な気がしますね(笑)

mitene.hatenablog.jp

を体現している気がしますね(笑) 

ビジネス系

マネーの拳(1) (ビッグコミックス)

マネーの拳(1) (ビッグコミックス)

 

 

アウトサイダー東宗介 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

アウトサイダー東宗介 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

  

市場クロガネは稼ぎたい(1) (少年サンデーコミックス)

市場クロガネは稼ぎたい(1) (少年サンデーコミックス)

 

特に10~11巻辺りの、 サンデルさんが本で書いている政治哲学的な話(功利主義、リベラル、リバタリアン、コミュニタリアン等の話)を、ベーシックインカムなどを議論のテーマとして描いてるのかは面白いですね。

外資系コンサル流のノウハウが面白いです。

30歳になり、社会人になってから10年以上が経ちましたので、最近は改めて「社会人としての基礎を再度見直す」ということをテーマにしています。

そこで、社内にあった

入社1年目の教科書

入社1年目の教科書

 

 

コンサル一年目が学ぶこと

コンサル一年目が学ぶこと

 

 

EXCEL売上データ分析 [ビジテク] 2013/2010/2007対応

EXCEL売上データ分析 [ビジテク] 2013/2010/2007対応

 

 辺りを読んでみたんですが、めちゃくちゃ面白いんですよね!(笑)

たぶん、当時読んだときは理解できていなかったんだと思います。

・社会人としての心構え、姿勢

・パワポ、エクセルのショートカット術から作成術

・ロジカルシンキングの重要性

・分析を行う際の、新しい観点

などなど、たぶん、当時読んだときは正確に理解できていなかったのですが、色々と自分なりの哲学が固まってきたうえで、読んでみると面白かったです。

ということで、ちょうど年末年始のタイミングなので、この年末年始は外資系コンサル流の仕事術、ノウハウを色々学びたいと思います!

今のところ下記の本を読んで、色々と実践してみたいと思っているのですが、おススメの本あれば教えてください!

1年目系の本

外資系コンサルが教える入社1年目からの仕事のルール

外資系コンサルが教える入社1年目からの仕事のルール

 

 

コンサルタントが入社1年目に学ぶエクセルの教科書

コンサルタントが入社1年目に学ぶエクセルの教科書

 

 

外資系コンサルが入社1年目に学ぶ資料作成の教科書

外資系コンサルが入社1年目に学ぶ資料作成の教科書

 

エクセル・分析系の本

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方

 

 

EXCELグラフ作成 [ビジテク] データを可視化するノウハウ 2013/2010/2007対応

EXCELグラフ作成 [ビジテク] データを可視化するノウハウ 2013/2010/2007対応

 

 パワポ・資料系の本

外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック

外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック

 

 

パワポで極めるフレームワーク ロジカルに落とすプレゼン資料作成の秘訣 (ビジネス極意シリーズ)

パワポで極めるフレームワーク ロジカルに落とすプレゼン資料作成の秘訣 (ビジネス極意シリーズ)

  • 作者: 大石哲之
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2011/11/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 12回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

マッキンゼー流図解の技術

マッキンゼー流図解の技術

  • 作者: ジーンゼラズニー,数江良一,菅野誠二,大崎朋子
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2004/08/20
  • メディア: 単行本
  • 購入: 10人 クリック: 131回
  • この商品を含むブログ (64件) を見る
 

実例的な本

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

 

 

いたいコンサル すごいコンサル--究極の参謀を見抜く「10の質問」

いたいコンサル すごいコンサル--究極の参謀を見抜く「10の質問」