永上裕之のネタ帳

「メンズファッションプラス」、「非モテ+」と言うサイトを運営しています。日々、奮闘して頑張っております!

「マネーの虎」という番組の投資家(虎)と志願者のすれ違いを考えてみました。

定期的に本屋さんに行って新しい本を探してるのですが、今日、面白そうな本を見つけました!

エンジェル投資家 リスクを大胆に取り巨額のリターンを得る人は何を見抜くのか

エンジェル投資家 リスクを大胆に取り巨額のリターンを得る人は何を見抜くのか

  • 作者: ジェイソン・カラカニス,孫泰蔵(序文),滑川海彦、高橋信夫
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2018/07/12
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

このテーマで、ふと昔あった「マネーの虎」という番組を思い出したので、ちょっと当時を振り返って、投資家と起業かという視点で考察をしてみようと思いました。

当時は、確か学生だったので、さらっと見ていたのですが、大人になり今の知識で自分なりに志願者側としての最適化を考えてみました。

当時のやりとりで記憶があるもの

料理人の職人さん「もっとお客さんに寄り添ったお店をやりたい!そんな夢をかなえたい!」

「それはみんな分かっている、でもそれでは採算が合わない。あなたは職人であって経営者じゃない。」

 

料理人の職人さん「自分は味で勝負したいんだ!どうですか?美味しいですよね?」

「美味しいのは当たり前。それよりも大事なのは、このビジネスが儲かるか。」

 

というようなパターンのやりとりをよく見た記憶があります。(記憶違いだったらすみません・・・m(__)m)

 

エンジェル投資家と志願者のタイプ分類

これらのやり取りを踏まえ、今の自分なりの言葉でタイプ分類をすると

・プロダクト至上主義
・経営者の潜在能力至上主義
・営業利益至上主義
・ビジネスモデル至上主義(ビジネスのスケーラビリティ)
・経営能力至上主義
・アセット至上主義(すでに積み上げてきた資産)

の6パターンぐらいの思想のチャンネルに分けられるのかなと思いました。その中で、

 

▼志願者

・プロダクト至上主義
・経営者の潜在能力至上主義

▼虎

・営業利益至上主義
・ビジネスモデル至上主義(ビジネスのスケーラビリティ)
・経営能力至上主義
・アセット至上主義(すでに積み上げてきた資産)

という傾向があるのかなと。

その中で、さらに複雑なのが、虎同志で評価軸が違うので、4人全員にチャンネルに合わせるのは難しいので、そこも最適化する必要があるのかなと思います。

当然、プレイヤータイプの投資家の方と、マネージャータイプの投資家の方がいて、特に「マネーの虎」の虎の方は、プレイヤータイプとして語られており、エンジェル投資家という感じではないので当初の書籍とは違うと思います。

と、、、これ書いてたら志願者の気持ちになってきて、緊張してきましたね(笑)

 

自分も頑張ります!

幸福論「現在感じている幸福 < 未来に期待される幸福」説

f:id:hiroyukiegami:20170626111559j:plain

この説を思いついた、そもそものきっかけは、昔見たテレビ番組で、「ピロロン学園」の「ひがみ王吉田くん」のコーナーで、豪邸に対して、ブラックマヨネーズの吉田さんの、

「人間はなぁ、どんだけ金持ちなっても、その一瞬は幸せや。不幸が起きても、その一瞬は不幸や。けど、時間が経てばなぁ、結局、元の脳波に戻んねん。おいっ!引き分けやぞ。」

というセリフを聞いたのがきっかけでした。また、もう1つのきっかけとして、「ディスカウントキャッシュフロー」というものの存在をしったのも1つのきっかけでした。

●DCF法の基本となる時間価値 
誰かから100万円を貰える場合に、100万円を今すぐもらうのと、1年後にもらうのとではどちらが有利でしょうか?

感覚的には今すぐ貰った方が有利だと思うでしょう。これは感覚的だけでなく、論理的にも間違いではありません。

100万円を今すぐもらい、それを即座に銀行に預ければ、1年後には利子がついて返ってきます。仮に銀行の利子が3%だとすれば、1年後には今の100万円は103万円になります。だから、100万円を今すぐもらった方が有利なのです。

www.nsspirit-cashf.com

「幸福」は、「現金(キャッシュ)」と違い、ストック型でなくフロー型である。

そもそも「幸福」という言葉の定義についてなのですが、そこまでたいそうな意味でなく「楽しい」「快楽」「幸せ」「ワクワクする」「ドキドキする」といった程度のライトな意味で使っています。

今回の説は、そういった「幸福」に対して「継続性」と「時間軸」を掛け合わせて考えてみると面白いのではないか。といった仮説です。ちなみに、

現在感じている「幸福」 < 未来に期待される「幸福」

という仮説は、ディスカウントキャッシュフローの、

現在の100万円 > 未来の100万円

の考え方とは時間軸が逆のものになります。その理由は、「継続性」と「時間軸」でして、現金の場合は上記の引用にもありますが、「今現在、100万円があれば、1年後に100万円以上に増やせる可能性がある」という「現金はストック型の資産」であるという前提ですが、「幸福」に関しては、吉田さんの発言通り「その一瞬の体験・気持ち」であるため「取得時がピークのフロー型の脳の情報」であるからかと思っています。

その為、お金に例えると「幸福」の場合は、イベントの前に「利子」(期待感)が発生するのかなと思います。

「幸福」は「Buy the rumor、Sell the fact」(噂で買って事実で売る)の考え方に近い

株の格言で「噂で買って事実で売る」という言葉があり、この言葉の意味するところと近いのかなと思うのですが、

「今日超楽しい1日を過ごせた!!」という思い出(現在) < 「1か月後、超楽しいイベントが待ってるんだよなぁ・・・(ワクワク」(未来)

という心境というのはあり得るのかなと思っています。「イベント」というのは一瞬の出来事であり、その思い出も、イベント時がピークでその後、一定期間で幸福への貢献度数が0に近づいてしまいます。

一方で、「未来への期待感」というのは期間も長く、幸福への貢献度も継続性があり実際のイベントの際の幸福以上に幸福をもたらしてくれ、加えて、その状況自体から「万能感」も生まれるているのではないかと思っています。

RPGゲームで言うところの「レベル上げ」「イベント参加」の順序の組み立てについて

上記の仮説を元に考えるとですが、

1: 最初はレベル上げに徹して「レベル80」にしてからイベントに参加を開始する。
2: レベル上げをせず、「レベル1」の段階からどんどん、イベントに参加し、失敗しながらイベントとともにレベルを上げていく

※初期段階はレベルアップの効率が低いという前提条件は一旦、無しとして考えています。

として考えた時に、 一般的には<2>の選択肢の方がエキサイティングで楽しい。という話になる気がしているのですが、これを人生として置き換えた時に、若いころは修行を積んで、その修行の時は「幸福」(イベント)に時間を割けなかったとしても、修行終了後(レベル80段階)になれば、その後は、確固たる自信(ストック型の幸福/万能感)が加わり、若いころに取りこぼしていった「幸福」の量を上回って、その後の人生ではトータルとして多く幸福を取得できるため、<1>のパターンの方が<幸福の最大化>が出来るのではないか。つまり、極端な例ですが、

パターン1: (<レベル上げの時間> × 0) + (<人生の時間> × 0.6(前半はレベル上げに時間を費やしたため) × 5(レベル上げ後の幸福取得率)) = <人生の時間> × 3倍

パターン2: <人生の時間> × 1(全時間を幸福取得に費やす) = <人生の時間> × 1倍

(数値は適当ですが)というような数式が成り立つんじゃないかな。と思っています。

※たまたまなのですが、ワンパンマンの118話(最新話)みたいな話になってきましね(笑)

簡単な例えばなしで言うと、猿カニ合戦で言うところの「おにぎり」(現在の幸福)と「柿の種」(未来の幸福)で言うと、後者の方が幸福の最大量が多いのかなと思いました。

まとめ

ということで、特に結論とかはないのですが、私の思想として、

ストック型のノウハウ > フロー型のノウハウ

という考えが根強くありまして、その延長線上の話として、

blog.egachan.net

にも書きましたが、「売上だけの話」や「儲かるビジネス」とかに興味がないのは、ある意味で、「一時の儲かるメソッドを手に入れ、そのメソッドを駆使して現金を手に入れる」という行為はロールプレイングゲームの「レベル上げ」ではないためと認識しているからだと思いました。

その為、いくら「儲かるメソッド」を実行して、現金を手に入れるという話があっても、それは私の中では時間の消費による対価であって、<メソッド自体を生み出すためのストック型のノウハウ取得>の話じゃないので、私の中では未来に繋がらない話になってしまい、興味が持てないのかなと思いました。

私の1つのゴールとしては、

・amazon
・食べログ
・Youtube
・UberEATS
・facebook
・LINE
・LINEマンガ
・Instagram
・ホットペッパービューティー
・パソコン
・iPhone、iPad
・Apple Music

 というような私自身の経験として人生が変わったサービスの「仕組み・システム」を構築ことに非常に興味があるので、そういった「仕組み・システム」を作ることに直結するようなストック型のノウハウの取得にに時間を割いていきたいな。と、最近は強く思っています!

最後に、余談ですが今回書いたロジックの仮説が、同じく、人生における<目の前の楽しいイベント(幸福)>を見送って、「レベル上げ」に時間を割いている人に届いて、やる気出してもらえたら嬉しいですね(笑)

「滅茶苦茶なベンチャー社長」になってしまう3つの理由

f:id:hiroyukiegami:20170406212535j:plain

2016年の12月に30歳になり、「人に任せる」ということについて色々と悩んでいたときに、

ベンチャー社長を「滅茶苦茶」にしている真犯人 | エグゼクティブキャリア総研

というタイムリーな記事に出会いました。

記事の結論については賛否両論あるようですが、「滅茶苦茶な社長」というフレームが共感しました。記事の中で「滅茶苦茶な社長」とは、

突然、新サービスを始めると言い出す。
突然、身の丈に合わない大きなビジョンを語りだす。
突然、これまで積み上げてきたプロジェクトをひっくり返す。

 勝手に大きな出資を決めてきたリ、シリコンバレーに出張に行って意味不明な提携をしたり、事業シナジーがあるとは思えない新分野への進出を決めたり。

そして、業務に関しては任せつつも、様々な分野でトップダウンの指示を出していきました。
2週間かかることを1週間でしろと無理を言ったり、サービス品質に厳しい要求をしたり、広報の内容にNGを出して急きょストップしたり。
更には、社員には理解しがたい提携話を持ってきたリ、事業シナジーがあるとは思えない新分野への進出を検討したり(これはまだ検討レベルですが)、気が付けば前職の社長と同じような滅茶苦茶をしていました。

と書かれています。

何人かに聞いてみたのですが、これは結構あるあるのようです。そして、たぶん自分も過去にそのような行動をしてしまっていたのではないかと思っています。

今回は、そもそも「滅茶苦茶な社長」の是非と、なぜそのような行動を起こしてしまった原因を自分なりに分析してみたいと思います。

「滅茶苦茶な社長」になる理由その1: 「圧倒的なリーダーシップを持った社長」の存在が必須という思い込み

個人的な感想ですが、滅茶苦茶な社長というか「社長色の強い会社」と言うと、「スティーブ・ジョブズ」をイメージします。

「スティーブ・ジョブズがいなければ、iphoneは生まれなかった」

というのは何度か聞いたことがあるのですが、まさに「圧倒的なリーダーシップ」を持った人に言われる賞賛なのかなと思います。

ただ一方で、「圧倒的なリーダーシップを持った社長がいないと、会社がうまくいかないか?」と言うと、決してそんなことはないと思います。むしろ、そうじゃない会社の方が多いと思います。

ただし、記事にもあるように「スタートアップ」であったり「特定のコミュニティ」などでは、

いまでも僕は滅茶苦茶な社長を続けています。
それは自社を「平凡な中小企業」にしたくないからです。

幹部に負荷がかかることは申し訳ないと思いますが、「平凡な中小企業」に向かうのはもっと申し訳ないので、心を鬼にして厳しい要求をし続けています。
その厳しい要求が、社員や幹部の理解に至らないとき、僕は「滅茶苦茶な社長」として映っていることでしょう。

というような感覚の方が多数派であるということが起こり得ると思います。

私もそのようなコミュニティと、そうでないコミュニティのどちらにも所属していたことがあるのですが、まさに2つは「文化が違う」という印象でした。

ただしそのようなコミュニティに属していると、「滅茶苦茶なベンチャー社長」の存在は必須である。という風に思ってきてしまうのではないかと思います。

その為、

「圧倒的なリーダーシップを持った社長がいないと、会社がうまくいかないわけではない」

という前提が抜けていなければ、後は選択の問題かと思いますが、この前提が抜けている人は多いのではないのかなと思っています。(私も、一時そのように勘違いしていた時期がありました)

※ただし記事の方は、<うまくいくか、否か>ではなく<自社を「平凡な中小企業」にしたくない>とおっしゃっておられているので、これは記事の件とゴール設定は違う話ですが。

「滅茶苦茶な社長」になる理由その2: 「型破り」施策ジャンキーになってしまう

これは私が勝手に定義している言葉なのですが、施策の中でも、

最適化 → 型破り → キテレツ → 変なこだわり

というような階層があるのかなと思っています。

「最適化」というのは、いわゆる合理的な判断の延長線上です。

「型破り」は、記事で言うところの

「ベンチャー企業には、創業者以上の競争力はない」
「創業者は理念と業績の矛盾した両方を追いかけられる」
「幹部は業績を伸ばせるが、創業者以上に矛盾した両方を追うことが出来ない」

ではないですが、いわゆる「常識にとらわれない」施策というのは最適化と別の発想かなと思っています。

逆に、「キテレツ」と「変なこだわり」はどちらも「誰からも理解されない施策」だと思っています。そのうえで、「キテレツ」と「変なこだわり」を分けるのは「結果」だけなのかなと思います。

ここで重要なのが、「型破り」な施策というのはうまくいったときに、結果以上に褒められてしまう。ということかと思っています。コミュニティによっては「チャレンジしたこと」に対して過剰に評価されてしまうこともあると思います。

ここで問題なのは、チャレンジしたことは評価されるべきですが、施策の「結果」よりも「行動」に対して褒められてしまい、褒められることが快楽として刷り込まれてしまう「パブロフの犬状態」になっているのかなと思います。

f:id:hiroyukiegami:20161112154740p:plain

そうすることで、

・「最適化」な施策により改善がされた効果

・「型破り」な施策により改善がされた効果

が「同じ効果」であっても、「型破り」ジャンキーになってしまうと「型破り」な施策を選んでしまうのかなと思っています。いわゆる、目的と手段が逆になってしまう状態です。

このマインドコントロール状態に陥りやすいかは、環境によって変わってくるのかなと思います。

※ちなみに、パブロフの犬状態については、

blog.egachan.net

の記事に詳しく書いていますので興味がありましたら、ご覧ください。

「滅茶苦茶な社長」になる理由その3: 「自分の会社」に非モテコミットしてしまう

非モテコミットというのは、恋愛工学用語なのですが、私なりの定義ですが、

「自分はモテないんだ」(自虐的な非モテ)というマインド状態、または、気付かずにその状態で、さらに「自分には、この人しかいないんだ・・・」と周りが見えない状態で、異性に対して必要以上に一途に恋愛をしている状態(両思い、片思いどちらも含む)。

 という意味です。

スルメで言うと、もう味がなくなっているのに、味があったときの記憶に固執し、スルメを噛み続けている状態です。

バスケットで言うと、普通のシュートも、ダンクも同じ2点なのに、ダンクを決めた時の歓声が快感でダンクにだけ拘っている状態です。

これは恋愛での話ですが、仕事や組織に対して「俺はこれしかないんだ・・・!」というマインドになってしまうと「滅茶苦茶な社長」が発動してしまうのかなと思っています。

非モテコミット状態において起こり得る現象というのは、

・「待てなくなる」

・「周りが見えなくなる」

・「もうこれしかないんだ・・・!」という損切ができないマインドになってしまう

などかなと思っています。記事中に、

2週間かかることを1週間でしろと無理を言ったり、サービス品質に厳しい要求をしたり、広報の内容にNGを出して急きょストップしたり。
更には、社員には理解しがたい提携話を持ってきたリ、事業シナジーがあるとは思えない新分野への進出を検討したり(これはまだ検討レベルですが)、気が付けば前職の社長と同じような滅茶苦茶をしていました。

とありますが、まさに(色々な意味で)「愛情の熱量が大きいから」起こる行動かと思います。

ちなみに、私の立場としては恋愛においても、仕事においても「非モテコミット」な状態が一概に悪いとは思っていません。というよりも、非モテ+というサービスを運営しているぐらいです(笑)

ただ、その熱量が大きくなりすぎて、会社が「自己表現の場」や「自分の唯一の存在意義」にまで昇華してしまうと、明らかに冷静な判断はできないのかなと思います。

まとめ

私もまだまだ試行錯誤の途中ですが、滅茶苦茶なベンチャー社長についてメリット・デメリットがあると思っています。ただし、特定の組織や、事業においては、

時系列と変更可能な領域の相関関係

 

f:id:hiroyukiegami:20170406220121p:plain

という感じで、スタートしてからの経過年数におうじて、ドラスティックな変更や型破りな施策の受け入れら方が違ってくるのかなと思っています。また、もう1つの観点として、

「遊び心」の向き・不向きは、「組織」軸と「事業」軸の2軸ある

 

f:id:hiroyukiegami:20170406220037p:plain

 という感じで、「事業」軸と「組織」軸で属性が一致しないという現実があります。

ただし、どうしても「事業」の属性と「組織」の属性を同一視してしまう傾向にあり(①と④の組織と思い込んでしまう)、結果としてその判断が組織の中でのハレーションの原因になりやすいのかなと分析しています。

と、まだまだ分析途中なので、30代も頑張っていきたいと思います!(; ・`д・´)